脱毛トラブル「やけど」について

MENU

脱毛トラブル「やけど」について

脱毛トラブルで多いものは、やけどがあります。今の脱毛サロンは減少しましたが、以前はレーザーを導入して処理するサロンが多く、やけどのトラブルが頻繁に起こっていました。肌にレーザーを照射すると、重度の日焼けのような状態になるのです。人によって耐えられる出力に違いがあるので、敏感肌と普通肌の方では同出力で処理はできません。普通肌と脂性肌の方は比較的肌が丈夫ですが、敏感肌と乾燥肌の方は弱いのです。レーザーの出力を上げるほど脱毛効果は高くなりますが、炎症などのトラブルが起きては意味がありません。ひとたび炎症が生じると肌が敏感になって、次回から脱毛ができなくなる可能性もあります。

 

やけどを防ぐためには、施術後に十分な保湿をする必要があります。サロンを利用する前に、WEBサイトで保湿の流れを見ておきましょう。保湿された肌はバリア能力も高く、少々のダメージは跳ね返してしまうのです。保湿ケアをしていないサロンは、出力をかなり下げないと肌トラブルのリスクが高まります。施術実績の豊富なサロンはノウハウも蓄積しているので、トラブルが起こる可能性は低いと言えるでしょう。

 

やけどのトラブルは昔と比べると随分と低くなっています。事前に肌カウンセリングをするサロンが増えてきましたし、何より使用するマシンが光に変わったことも大きいでしょう。光はレーザーよりも照射範囲が広く、刺激も分散されています。レーザーだとジワジワと焼け付くような感覚がありますが、光は輪ゴムでパチンとする程度です。両者を体験した方なら、圧倒的に光のほうが痛くないと言います。痛くないと刺激も弱いので、やけどを引き起こすリスクも低いのです。現在、レーザー脱毛は医療機関でしか行えなくなっています。レーザーの使用自体が医療行為であり、サロンは利用不可となったのです。医療機関のレーザー脱毛に関しては、入念なカウンセリングと万が一の治療ケアなどにより、やけどのリスクは非常に低いと言えます。"